HOME > 小径パイプ材料 > コバルト合金パイプ(ELGILOY/MP35N)

エルジロイとは?強靭で耐食性に優れており、生体適合性の認証取得済み材料

コバルト合金パイプ(ELGILOY/MP35N)

コバルト合金 「MP35N」の誕生

コバルト合金 「MP35N」の誕生1970年代には、エルジロイより生体適合性のよいコバルト合金「MP35N」が、航空機用ねじの製造メーカー"SPS Technologies"社により開発されました。現在では、このMP35Nが医療用途に多く使用され、各種ステントなどにも採用されています。また、材料形体もエルジロイより幅広く入手可能であり、線材・板材・シート材・丸棒などから、生体適合性に配慮した各種製品が生産できます。
ご要望のパイプ寸法やワイヤー時効熱処理など、弊社にて加工いたします。





エルジロイとは?強靭で耐食性に優れており、生体適合性の認証取得済み材料

コバルト合金 「エルジロイ・ELGILOY※1」の誕生

コバルト合金「エルジロイ・ELGILOY」誕生には、老舗時計メーカーエルジンと深い関係があります。第2次世界大戦前にエルジンは、アメリカでの懐中時計の約半分を生産していました。ところが、戦場の過酷な環境下において、時計内部が腐食して動作しなくなりました。 そこで、高温多湿な悪環境にも耐えられる時計ゼンマイ用の合金開発に取り組み始めました。 そして誕生したのが、「エルジロイ・ELGILOY」 (Co 40%、Cr 20%、Ni 15%、Mo 7%)合金です。
現在では、時計だけでなく工業用ばねや医療用ワイヤーなどへも多く使用されるようになりました。

※1 ELGILOY®は、Elgiloy Specialty Metals 社の商標です。

エルジロイ小径パイプの開発

エルジロイ小径パイプの開発エルジロイは強靭性や耐食性に優れ、チタンより優れた耐摩耗性を持ち、生体適合性の認証取得済み材料です。
右の写真は、初めて誕生したエルジロイ小径パイプ( 外径Φ1.6mm、内径Φ0.7mm )です。 弊社保有の万能試験機で強度測定を行ったところ、この細いパイプが、ステンレスの約2.5倍の引張強さ(2470MPa)を持っていました。

エルジロイ小径パイプの開発

万能試験機を用いた同サイズ材料比較データより

エルジロイ小径パイプのレーザー加工例

YAGレーザー溶接機にて、エルジロイとSUS304の
異種金属を溶接しました。
溶接部の引張強さは、SUS材とほぼ同じ"487MPa"ありました。

【 異種金属接合 SUS304とエルジロイ 】

異種金属接合 SUS304とエルジロイ

レーザー加工を通して、様々な部品や製品が生み出せます。
素材形状は、細径ワイヤーや板形状などご要望に応じて提案いたします。

ファイバーレーザー加工機にて、先端斜めカット、穴開け加工、スパイラル加工を行いました。
強靭なエルジロイパイプがしなやかに曲がります。

【先端斜めカット、穴開け加工、スパイラル加工】

先端斜めカット、穴開け加工、スパイラル加工

エルジロイ(※1)、MP35N(※2)の化学成分

エルジロイ及びMP35Nは、生体適合性の認証取得済み材料ですので、医療機器や歯科用製品へも使用できます。エルジロイは、コバルト合金の同等品と比較して安価な材料です。その強靭性をぜひお試しください。MP35Nは、エルジロイに比べ、鉄(Fe)含有量が1%未満と少ない特徴があります。

コバルト合金の化学成分

エルジロイ® 、MP35N® の特性

コバルト合金のエルジロイとMP35Nは、高強度・高硬度・高反発性・非磁性であり、耐摩耗性の良い特徴があります。また、加工性も良い合金です。

コバルト合金の特性

《エルジロイ® 、MP35N® の耐食性》

エルジロイとMP35Nは、硫化水素、塩水、その他塩化物溶液に対して耐食性を保有しており、海水や厳しい環境においても優れた隙間腐食や応力腐食割れ耐性を持っています。

エルジロイ® 、MP35N® の耐食性

※1) ELGILOY®は、Elgiloy Specialty Metals 社の商標です。
※2) MP35N®は、SPS Technologies社の商標です。

◎:充分な耐食性 <0.05mm/年
〇:かなりの耐食性 0.05~0.5/年
△:少量の耐食性 0.55~1.27mm/年
×:耐食性なし >1.27mm/年