HOME > 内径研磨・表面処理 > PTFEコーティング

PTFEコーティング

PTFEコーティング

ノズル内面のフッ素コーティング技術

医療・分析機器ノズルには、耐摩耗性や汚れがくっつかない性能が求められます。
また、密着性が良くバネ性材料や絶縁性を要求される製品にも使用しています。
FUTA-Qでは、小径パイプ内面のフッ素コートが行える加工設備とコート剤を常備しており、
試作から量産まで対応させていただきます。

フッ素コートの効果

● 撥水性:
水をよくはじく性質のことで、汚れが付きにくくなりコンタミが減少し、
付着した汚れが洗浄により落ちやすくなります。この性能は「接触角」で表され、
数値が大きいほど撥水性がよく、滴下した水滴が丸くなります。

● 耐摩耗性:
製品が相手部品と接触したり、転がったりすると必ず摩耗が発生します。
コート剤の耐摩耗性は、JISめっきの耐摩耗性試験方法に基づいて評価します。

● 摩擦係数:
フッ素コートは、摩擦係数が低く滑りやすい性質があります。
製品表面の摩擦を減らすことで傷が付きにくくなり、長寿命化も図れます。

内面PTFE 5μm厚
PTFEコート製品
バネ性材料のPTFEコート

ノズル外径・内径へのPTFEコーティング例

パイプの内外径に、撥水性に優れ絶縁効果の高いPTFEコーティングを施す、難易度の高い加工技術です。この技術により、精度の高い分析作業を安定して行うことができます。

ノズル外径へのPTFEコーティング 二九精密機械工業

ノズル外径へのPTFEコーティング

内径PTFEコーティング  片肉5μ 最小径φ0.3mm  L=200mm程度 二九精密機械工業

内径PTFEコーティング 片肉5μm 最小径φ0.3mm L=200mm程度