HOME > 微細加工 > 小径穴加工

小径穴加工

小径穴加工

FUTA-Qの小径穴加工技術について

分析装置に使用されるノズルやバルブの性能として、正確に流れを制御するための
「精密な流路」が求められ、それらの実現には「小径穴加工技術」が必須となります。

【加工】
当社の様々な加工設備(微小径ドリルを用いた切削加工やレーザ加工など)
により、高精度の小径穴加工部品を社内で一貫製作することができます。

【素材】
難削材(チタン、ハステロイ、インコネル、セラミック、マグネシウム、
超硬、ステンレス、貴金属など)についても多くの加工実績があります。

【小径穴加工例】
ドリルによる切削加工にて最小φ0.03~の穴加工が可能です。
加工実績は下表をご参照ください。

小径穴加工 T0.05 二九精密機械工業株式会社

T0.05

小径穴加工 外径φ0.05 ピッチ0.06 肉厚 二九精密機械工業

外径φ0.05 ピッチ0.06 肉厚

細穴を交差させる加工(カットサンプル)

細穴を交差させる加工(カットサンプル)

小径穴加工実績

穴径(mm) 深さ(mm) 材質
φ0.05 1.0 SUS316L
φ0.10 2.0 TB340・SUS316
φ0.15 2.0 SUS316
φ0.20 6.0 SUS316L
φ0.25 8.0 64チタン
φ0.5 13.5 SUS304
φ1.0 50.0 SUS316
φ3.0 62.0 SUS304・ハステロイC

小径深穴加工例

【ノズル穴加工例】
下写真のカットサンプルは、 6つの流路をPCD 2.5mmに集中させる 機能を持つノズルです。
ドリル振れを抑えることで、開孔面にバリのない微細穴を貫通させています。

①材質: SUS316  ②サンプル厚み:15mm
③ノズル穴径:Φ0.2mm×6個  ④ノズル加工角度: 35°

●PCDとは、ピッチ円直径を表しており、左図では、
ピッチ円 2.5mmの円周上に等間隔で 6カ所の穴があることを表しています。

主な加工設備

下図は、小径深穴加工のアスペクト比を例示するサンプル断面写真です。
お客様のご要望に対して、最適な加工方法を提案させていただきます。
(アスペクト比、平行穴加工精度、仕上げ粗さなど)

加工機名称 最小穴径(量産) 特徴
高精度高速微細加工機 φ0.05mm〜 微小径ドリルによる切削加工
高精度微細加工可能(上記)
小径CNC自動旋盤 φ0.05mm〜 微小径ドリルによる切削加工
スイス式CNC自動旋盤 φ0.10mm〜 微小径ドリルによる切削加工
長尺材料から連続加工可能
ファイバーレーザ加工機 φ0.05mm〜 薄板やパイプ製品の穴加工
高速で多数の穴加工が可能
フェムト秒レーザ加工機 φ0.01mm〜 材質問わず、薄板の穴加工
に使用、極小加工が可能

小径深穴加工例

アスペクト比
20 25 30
φ0.05 φ0.1 φ0.2